デトックスの好転反応とは?

最近では、多くの人が何らかのデトックス法を実践しているのではないかと思います。

 

デトックスを行うことによって、体の中に蓄積されている多くの有害物質が体外に排出されるため、なかには好転反応と呼ばれる反応が起きる人がいます。

 

デトックスによる好転反応とは、体の倦怠感や湿疹ができたり一時的に症状が悪化したりすることをいいます。

 

好転反応のことを知らない人は、病状が悪化してしまったと勘違いしてしまうでしょう。

 

しかし、こうした症状は通常1週間程でなくなり、そのあとは前よりもより健康的な感覚を取り戻すことができます

 

こうした強い反応が起きる人とは、体の中にかなりの量の有害物質が蓄積されている人であり、それが排出されるときに強い身体的反応が起きてしまうのです。

 

ですから、症状が余りにも辛い場合には一時中断して、ある程度症状が治まってから徐々に行うようにするのがよいでしょう。

 

私も一時期足湯をしていたときがありましたが、足に湿疹ができたの覚えています。

 

その時はなぜ湿疹ができたのかよくわかりませんでしたが、今考えてみるとこれも一種の好転反応だったのでしょう。

 

私たちは少なからずも汚染された食品を食べているので、頻繁にデトックス法を行うことが必要だといえますね。

トップへ戻る